1. HOME
  2. 美容・脱毛
  3. メンズ向け医療脱毛とエステ脱毛の違いや比較!効果や値段、見分け方などを徹底紹介!
美容・脱毛

メンズ向け医療脱毛とエステ脱毛の違いや比較!効果や値段、見分け方などを徹底紹介!

美容・脱毛

メンズの方は脱毛しようと考えた際、医療脱毛かエステ脱毛のどちらに行くか悩みますよね。

筆者自身も脱毛していますが、私も脱毛に通う前は医療脱毛とエステ脱毛の違いなどを徹底的に調べました。

・医療レーザー脱毛とエステフラッシュ脱毛ってなにが違うの?
・効果や値段はどちらがおすすめ?
・医療脱毛とエステ脱毛の見分け方がわからない

今回はこんな方に向けて、メンズ向け医療脱毛とエステフラッシュ脱毛の違い、効果や値段の比較、見分け方などを徹底紹介しています。

この記事を読めば、自分が医療脱毛とエステ脱毛のどちらを選ぶべきかがわかります。

 

1.医療脱毛とエステ脱毛の違いや比較!効果や値段、見分け方からなどを徹底紹介!

ヒゲ脱毛を受ける男性

 

まずは医療脱毛とエステ脱毛の比較表をまとめましたので、時間のない方はこちらをざっと確認していただければ概要がわかります。

 

医療脱毛 エステ脱毛
①施術者 国家資格を持つ医師や看護師 自社の研修を受けたスタッフ
②肌トラブルの際の対応 医薬品(抗炎症剤など)の処方 医薬品ではない保湿ケア製品による対応
③1回あたりの脱毛効果 毛を生やす「もと」に強いダメージを与えるため、脱毛効果が高い 毛を生やす「もと」に弱いダメージしか与えられないため、脱毛効果が低い
④施術の痛み 出力が高いので強い 出力が低いので弱い
⑤脱毛完了までの期間(ヒゲの場合) 10回~15回で相当ツルツルになる 一時的に薄くなるが、永久脱毛はできない
⑥値段 施術1回あたりの料金は高い
※施術1回あたりの効果が強いので、トータルコストは安くなる可能性が高い
施術1回あたりの料金は安い
※施術1回あたりの効果が弱いので、トータルコストは高くなる可能性が高い
⑦それぞれの見分け方 ○○クリニック、○○医院という名称になっていることが多い
※HPの脱毛機器紹介やその特徴などのページをよく見てください。
「クリニック」や「医院」という言葉がつかない
※HPの脱毛機器紹介やその特徴のページなどをよく見てください。

医療脱毛とエステ脱毛の違いは大きく分けると上の表のようになります。

ここからはそれぞれの項目について、1つずつ解説していきます。

 

1-1.医療脱毛とエステ脱毛の違いや比較①:施術者

 

医療脱毛 エステ脱毛
①施術者 国家資格を持つ医師や看護師 自社の研修を受けたスタッフ
②肌トラブルの際の対応 医薬品(抗炎症剤など)の処方 医薬品ではない保湿ケア製品による対応
③1回あたりの脱毛効果 毛を生やす「もと」に強いダメージを与えるため、脱毛効果が高い 毛を生やす「もと」に弱いダメージしか与えられないため、脱毛効果が低い
④施術の痛み 出力が高いので強い 出力が低いので弱い
⑤脱毛完了までの期間(ヒゲの場合) 10回~15回で相当ツルツルになる 一時的に薄くなるが、永久脱毛はできない
⑥値段 施術1回あたりの料金は高い
※施術1回あたりの効果が強いので、トータルコストは安くなる可能性が高い
施術1回あたりの料金は安い
※施術1回あたりの効果が弱いので、トータルコストは高くなる可能性が高い
⑦それぞれの見分け方 ○○クリニック、○○医院という名称になっていることが多い
※HPの脱毛機器紹介やその特徴などのページをよく見てください。
「クリニック」や「医院」という言葉がつかない
※HPの脱毛機器紹介やその特徴のページなどをよく見てください。

 

医療脱毛とエステ脱毛の1つ目の違いは施術者。

医療脱毛では国家資格を持った医師や看護師が施術しますが、エステ脱毛では自社の研修を受けたスタッフが施術します。

これだけ見ると医療脱毛の方が安心な気がしますね。

ただ、医療脱毛とエステ脱毛の両方に通った筆者からすると、

施術者の違いはあまり気にしなくて良い

です。

医療脱毛もエステ脱毛も基本的にはレーザーやフラッシュなどの機械を使い、毛の生える「もと」にダメージを与えていきます。

どちらの機械も黒いモノに反応して効果を発揮しますので、施術範囲の毛根の全てにしっかりと照射できているかが重要になります。

ただ、この「全ての毛根に照射できているか」に関しては、知識などはあまり関係なく、経験の差がモノを言います。

要は施術時間内に照射漏れがなく施術できるかですね。

これに関しては器用・不器用といった問題が大きく、同じお店でも照射してくれる人によってうまい・下手のバラつきがあります。

まあこれはしょうがないですよね。

私が医療脱毛の照射を受けた際も、下記の写真のように照射漏れがありました。

脱毛後のすね

このように照射漏れがある場合もありますし、うまい人であればこのようにはなりません。

ただ、このように照射漏れがあった場合は、照射漏れがあった部位を無料で再照射してくれますので、あまり気にしなくて良いと思います。

 

1-2.医療脱毛とエステ脱毛の違いや比較②:肌トラブルの際の対応

 

医療脱毛 エステ脱毛
①施術者 国家資格を持つ医師や看護師 自社の研修を受けたスタッフ
②肌トラブルの際の対応 医薬品(抗炎症剤など)の処方 医薬品ではない保湿ケア製品による対応
③1回あたりの脱毛効果 毛を生やす「もと」に強いダメージを与えるため、脱毛効果が高い 毛を生やす「もと」に弱いダメージしか与えられないため、脱毛効果が低い
④施術の痛み 出力が高いので強い 出力が低いので弱い
⑤脱毛完了までの期間(ヒゲの場合) 10回~15回で相当ツルツルになる 一時的に薄くなるが、永久脱毛はできない
⑥値段 施術1回あたりの料金は高い
※施術1回あたりの効果が強いので、トータルコストは安くなる可能性が高い
施術1回あたりの料金は安い
※施術1回あたりの効果が弱いので、トータルコストは高くなる可能性が高い
⑦それぞれの見分け方 ○○クリニック、○○医院という名称になっていることが多い
※HPの脱毛機器紹介やその特徴などのページをよく見てください。
「クリニック」や「医院」という言葉がつかない
※HPの脱毛機器紹介やその特徴のページなどをよく見てください。

 

医療脱毛とエステ脱毛の2つ目の違いは肌トラブルの際の対応。

医療脱毛の場合は、抗炎症剤などの医薬品の処方が受けられますが、エステ脱毛の場合は、あくまで医薬品ではない保湿ケア製品でのアフターケアになります。

私は肌が弱い方ではないですが、医療脱毛の施術を受けた後は肌が赤くなり、毛穴が炎症を起こして毛嚢炎(ニキビみたいなもの)ができたりしました。

その際でも、抗炎症剤などの医薬品を処方されているので、安心して肌ダメージが収まるのを待つことができました。

ただ、エステ脱毛を受けた時はそこまで肌トラブルもなかったので、そこまで医薬品のアフターケアが必要な感じはしなかったです。

というのも、医療脱毛は出力が強く、毛を生やす「もと」に与えるダメージも大きいことから、当然肌へのダメージも大きいです。

エステ脱毛の場合は出力が弱く、毛を生やす「もと」に与えるダメージも小さいことから、肌へのダメージもそれほど大きくありません。

これを踏まえると、肌トラブルの際の対応という意味では医療機関の方が安心ではありますが、エステ脱毛の場合でもそこまで心配することはないと思います。

※あくまで筆者の体験なので、肌の弱い方は気をつけてください。

 

1-3.医療脱毛とエステ脱毛の違いや比較③:1回あたりの脱毛効果

 

医療脱毛 エステ脱毛
①施術者 国家資格を持つ医師や看護師 自社の研修を受けたスタッフ
②肌トラブルの際の対応 医薬品(抗炎症剤など)の処方 医薬品ではない保湿ケア製品による対応
③1回あたりの脱毛効果 毛を生やす「もと」に強いダメージを与えるため、脱毛効果が高い 毛を生やす「もと」に弱いダメージしか与えられないため、脱毛効果が低い
④痛み 出力が高いので強い 出力が低いので弱い
⑤脱毛完了までの期間(ヒゲの場合) 10回~15回で相当ツルツルになる 一時的に薄くなるが、永久脱毛はできない
⑥値段 施術1回あたりの料金は高い
※施術1回あたりの効果が強いので、トータルコストは安くなる可能性が高い
施術1回あたりの料金は安い
※施術1回あたりの効果が弱いので、トータルコストは高くなる可能性が高い
⑦それぞれの見分け方 ○○クリニック、○○医院という名称になっていることが多い
※HPの脱毛機器紹介やその特徴などのページをよく見てください。
「クリニック」や「医院」という言葉がつかない
※HPの脱毛機器紹介やその特徴のページなどをよく見てください。

医療脱毛とエステ脱毛の3つ目の違いは、1回あたりの脱毛効果。

医療脱毛は毛を生やす「もと」に強いダメージを与えるため、1回あたりの脱毛効果が高い。

エステ脱毛は毛を生やす「もと」に弱いダメージしか与えられないため、1回あたりの脱毛効果が弱い。

私はエステ脱毛と医療脱毛の両方に通ったことがありますが、1回あたりの脱毛効果の違いを身をもって実感しました。

私はエステ脱毛で胸毛の施術を3回受けて効果が出ず、その後医療脱毛に乗り換えて胸毛の施術を5回受けました。

エステ脱毛に行っている段階では、3回施術を受けてもほとんど変化がなかったのに対し、医療脱毛では2回目から相当胸毛が薄くなり、効果を実感しました。

そんな実体験からも、1回あたりの脱毛効果は医療脱毛の方が高いと言えます。

 

1-4.医療脱毛とエステ脱毛の違いや比較④:施術の痛み

 

医療脱毛 エステ脱毛
①施術者 国家資格を持つ医師や看護師 自社の研修を受けたスタッフ
②肌トラブルの際の対応 医薬品(抗炎症剤など)の処方 医薬品ではない保湿ケア製品による対応
③1回あたりの脱毛効果 毛を生やす「もと」に強いダメージを与えるため、脱毛効果が高い 毛を生やす「もと」に弱いダメージしか与えられないため、脱毛効果が低い
④施術の痛み 出力が高いので痛みは強い 出力が低いので痛みは弱い
⑤脱毛完了までの期間(ヒゲの場合) 10回~15回で相当ツルツルになる 一時的に薄くなるが、永久脱毛はできない
⑥値段 施術1回あたりの料金は高い
※施術1回あたりの効果が強いので、トータルコストは安くなる可能性が高い
施術1回あたりの料金は安い
※施術1回あたりの効果が弱いので、トータルコストは高くなる可能性が高い
⑦それぞれの見分け方 ○○クリニック、○○医院という名称になっていることが多い
※HPの脱毛機器紹介やその特徴などのページをよく見てください。
「クリニック」や「医院」という言葉がつかない
※HPの脱毛機器紹介やその特徴のページなどをよく見てください。

医療脱毛とエステ脱毛の4つ目の違いは、施術の痛みです。

施術の痛みに関しては、圧倒的にエステ脱毛の方が痛くないので、楽に施術を受けられます。

先ほどご紹介したように、筆者は胸毛脱毛の際に、エステ脱毛と医療脱毛の両方に通ったことがありますが、胸毛の中でも一番施術が痛いのが乳首周りです。

医療レーザー脱毛もエステフラッシュ脱毛も黒いモノに反応するのは変わらないので、乳輪の色素に反応して痛みが強くなります。

乳首周りの照射のタイミングは涙が出そうになります。笑
(医療レーザー脱毛もエステフラッシュ脱毛も耐えられないほどの痛みではないので安心してください。)

医療脱毛もエステ脱毛も、どちらも痛いことに変わりはありませんが、エステ脱毛の方が痛みはだいぶ弱いです。

ただ、脱毛効果と脱毛の痛みは比例する(照射がよく効いてれば当然痛いですし、あまり効いていなければ当然痛くないです)ので、脱毛効果と脱毛の痛みのどちらを優先するかはしっかりと検討してください。

痛みが気になる方は、エステ脱毛も医療脱毛も1回目のお試し照射は安く受けられることが多いので、どちらも初回お試しで実際に施術を受けてみてから決めるのが良いと思います。

 

1-5.医療脱毛とエステ脱毛の違いや比較⑤:脱毛完了までの期間

 

医療脱毛 エステ脱毛
①施術者 国家資格を持つ医師や看護師 自社の研修を受けたスタッフ
②肌トラブルの際の対応 医薬品(抗炎症剤など)の処方 医薬品ではない保湿ケア製品による対応
③1回あたりの脱毛効果 毛を生やす「もと」に強いダメージを与えるため、脱毛効果が高い 毛を生やす「もと」に弱いダメージしか与えられないため、脱毛効果が低い
④施術の痛み 出力が高いので痛みは強い 出力が低いので痛みは弱い
⑤脱毛完了までの期間(ヒゲの場合) 10回~15回で相当ツルツルになる 一時的に薄くなるが、永久脱毛はできない
⑥値段 施術1回あたりの料金は高い
※施術1回あたりの効果が強いので、トータルコストは安くなる可能性が高い
施術1回あたりの料金は安い
※施術1回あたりの効果が弱いので、トータルコストは高くなる可能性が高い
⑦それぞれの見分け方 ○○クリニック、○○医院という名称になっていることが多い
※HPの脱毛機器紹介やその特徴などのページをよく見てください。
「クリニック」や「医院」という言葉がつかない
※HPの脱毛機器紹介やその特徴のページなどをよく見てください。

医療脱毛とエステ脱毛の5つ目の違いは、脱毛完了までの期間です。

ここではヒゲ脱毛を例にとってご紹介していきます。

脱毛完了までの期間については、毛の濃さや自分が理想とする仕上がりによって全く異なりますが、医療脱毛の方が脱毛完了までの期間が短いのは確かです。

筆者の胸毛脱毛の話もご紹介しましたが、医療脱毛とエステ脱毛では脱毛効果が全く違うことを身をもって実感しています。

また、エステ脱毛の場合は一時的な減毛効果はあるものの、永久脱毛はできません。

なので、エステ脱毛の場合は定期的に通い続ける必要があります。

医療脱毛の場合は永久脱毛効果が見込めるので、自分の理想とする程度まで脱毛ができたら、その後は通う必要はありません。

実際に、筆者はすね毛脱毛の際には医療脱毛に通いましたが、5回の施術が完了してから5年ほど経過した今でも毛が濃くなるということはありません。

私の脱毛体験記事も参考になると思いますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

 

話がそれましたが、ヒゲ脱毛の場合、医療脱毛であれば脱毛完了まで10回~15回、エステ脱毛の場合は半永久的に通う必要があります。

自分がどの程度毛が濃くて、どの程度まで脱毛したいのかを考慮して、医療脱毛かエステ脱毛の選択をしてください。

 

1-6.医療脱毛とエステ脱毛の違いや比較⑥:値段

 

医療脱毛 エステ脱毛
①施術者 国家資格を持つ医師や看護師 自社の研修を受けたスタッフ
②肌トラブルの際の対応 医薬品(抗炎症剤など)の処方 医薬品ではない保湿ケア製品による対応
③1回あたりの脱毛効果 毛を生やす「もと」に強いダメージを与えるため、脱毛効果が高い 毛を生やす「もと」に弱いダメージしか与えられないため、脱毛効果が低い
④施術の痛み 出力が高いので痛みは強い 出力が低いので痛みは弱い
⑤脱毛完了までの期間(ヒゲの場合) 10回~15回で相当ツルツルになる 一時的に薄くなるが、永久脱毛はできない
⑥値段 施術1回あたりの料金は高い
※施術1回あたりの効果が強いので、トータルコストは安くなる可能性が高い
施術1回あたりの料金は安い
※施術1回あたりの効果が弱いので、トータルコストは高くなる可能性が高い
⑦それぞれの見分け方 ○○クリニック、○○医院という名称になっていることが多い
※HPの脱毛機器紹介やその特徴などのページをよく見てください。
「クリニック」や「医院」という言葉がつかない
※HPの脱毛機器紹介やその特徴のページなどをよく見てください。

医療脱毛とエステ脱毛の6つ目の違いは、値段です。

みなさんもここが一番気になる部分ではないでしょうか。

結論としては、

脱毛1回あたりの値段はエステ脱毛の方が安い。

トータルコストは医療脱毛の方が安い。

です。

③の脱毛1回あたりの効果や、⑤の脱毛完了までの期間の話が関係してきますが、みなさんもなぜ上記のような結論になるのか、既にお分かりかと思います。

医療脱毛は施術1回あたりの値段は高いですが、その分脱毛効果も高い。

エステ脱毛は施術1回あたりの値段は安いですが、その分脱毛効果も低い。

また、医療脱毛は永久脱毛ができますが、エステ脱毛は永久脱毛の効果はありません。

エステ脱毛の方が1回あたりの値段は安いものの、半永久的に脱毛に通い続けなくてはならないため、トータルで見ると医療脱毛の方が安くなるのです。

 

医療脱毛とエステ脱毛それぞれの大手の脱毛料金を比較した記事もありますので、興味のある方はぜひこちらも読んでみてください。

 

 

1-7.医療脱毛とエステ脱毛の違いや比較⑦:それぞれの見分け方

 

医療脱毛 エステ脱毛
①施術者 国家資格を持つ医師や看護師 自社の研修を受けたスタッフ
②肌トラブルの際の対応 医薬品(抗炎症剤など)の処方 医薬品ではない保湿ケア製品による対応
③1回あたりの脱毛効果 毛を生やす「もと」に強いダメージを与えるため、脱毛効果が高い 毛を生やす「もと」に弱いダメージしか与えられないため、脱毛効果が低い
④施術の痛み 出力が高いので強い 出力が低いので弱い
⑤脱毛完了までの期間(ヒゲの場合) 10回~15回で相当ツルツルになる 一時的に薄くなるが、永久脱毛はできない
⑥値段 施術1回あたりの料金は高い
※施術1回あたりの効果が強いので、トータルコストは安くなる可能性が高い
施術1回あたりの料金は安い
※施術1回あたりの効果が弱いので、トータルコストは高くなる可能性が高い
⑦それぞれの見分け方 ○○クリニック、○○医院という名称になっていることが多い
※HPの脱毛機器紹介やその特徴などのページをよく見てください。
「クリニック」や「医院」という言葉がつかない
※HPの脱毛機器紹介やその特徴のページなどをよく見てください。

こちらは医療脱毛とエステ脱毛の違いというより、それぞれの見分け方です。

見分け方は簡単で、まずは「クリニック」「医院」といった医療に絡んだ名称になっているかどうかです。

医療脱毛を行っているところは、だいたい名称にこのような単語がついていることが多いです。

ただ、これは絶対ではないので、しっかりとHPを見ることをお勧めします。

HPでは、医療脱毛を行っている会社は「医療脱毛」ということを明確にうたっていると思います。

またHPを見る際は、その企業が行っている脱毛の特徴や使っている機械の紹介ページを見れば、必ず医療脱毛なのかエステ脱毛なのかわかると思います。

 

2.まとめ

ここまで医療脱毛とエステ脱毛の違いや比較を、値段や効果などの観点からご紹介してきました。

まとめとしては、

脱毛するなら医療脱毛に行けば間違いない

ということです。

ただあくまで筆者の個人的な意見ではありますので、よく検討したうえで選んでみてください。

また、このような情報だけで決められない方は、医療脱毛・エステ脱毛両方のお試しに行ってみることをおすすめします。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA