1. HOME
  2. 美容・脱毛
  3. メンズ向けスキンケアの順番を徹底解説!目指せ最強のモテ男肌!
美容・脱毛

メンズ向けスキンケアの順番を徹底解説!目指せ最強のモテ男肌!

美容・脱毛

ビジネスやプライベートにおいても重要視される第一印象。

よく「人の第一印象は3秒で決まる」と言われていますが、この第一印象に大きく影響してくるのが顔ですよね。

顔の造形は整形でもしなければ変えられませんが、顔から与える印象は適切な努力で変えることができます。

その代表格が「肌」です。

ニキビができていたり、カサついて白くなっていたりすると第一印象はダウンしてしまいますよね。

しかし、ニキビひとつないキレイな肌をしていると、清潔感を感じられます。

・キレイな肌で清潔感を与えたい
・メンズのスキンケアってなにすればいいの?
・化粧水や乳液をつける順番がわからない

 

今回はそんな方に向けて、メンズのスキンケアの順番をフルラインで徹底解説していきます!

一般的な化粧水や乳液だけでなく、導入ブースターや保湿クリームなど、すべてを盛り込んだ最強のスキンケア方法となっています。

この記事を読めばスキンケアの順番がわかりますし、キレイな肌を手に入れて第一印象もアップ間違いなしです!

 

1.メンズスキンケアの順番をフルラインで徹底解説!

男性の方は普段からスキンケアをしている方でも、化粧水と乳液で終わりという方も多いのではないでしょうか?

もちろんそれだけでも素晴らしいですが、それよりワンランク上の美肌を目指したいという方は、もう少しプラスしてケアをしていきましょう。

順番としては、下の通りに進めていくのがベストです。

洗顔

化粧水ブースター


化粧水

美容液

乳液orクリーム

それでは順番について詳しく解説していきます。

 

 

1-1.メンズスキンケアの順番①:洗顔

洗面台での手洗い

洗顔の役割はみなさんご存じの通り、「肌の汚れを落とし、清潔な状態にする」ということです。

肌には空気中のほこりが付着したり、古い角質や余分な皮脂、毛穴汚れなど、肌荒れの原因となる汚れがたくさん溜まっています。

洗顔を怠ると、その汚れがしかりと落ちずに肌にダメージを与え、ニキビや吹き出物などの原因となってしまいます。

また、皮脂の多い方は、しっかりと洗顔で皮脂を落とさないことにより、日中顔がテカってしまったりして、不潔な印象となってしまいます。

洗顔がきちんとできていないと、この後ご紹介するスキンケアを行っても十分な効果が発揮できません。

なので、先ほどお伝えした順番をしっかりと守り、洗顔はきちんと行ってください。

ただし、手の平でゴシゴシこすりすぎてしまうと、皮脂を落としすぎてしまったり、摩擦がニキビの原因となってしまいます。

洗顔の際は泡立てネットを使い、しっかりと泡を立て、その泡を毛穴に押し込むように洗うのがベストです。

手でこするのではなく、泡で顔をマッサージするくらいのやさしさで洗いましょう。

 

1-2.メンズスキンケアの順番②:導入化粧水

洗面台

化粧水ブースターの役割は、一言で言ってしまば、「化粧水を浸透しやすくする」ということです。

洗顔後は肌が乾燥し、化粧水の水分を浸透させようとしても十分に浸透せず、ただ蒸発してしまいがちです。

そこで化粧水ブースターの出番です。

化粧水ブースターは肌表面を柔らかくし、化粧水の水分が肌内部まで浸透しやすくなります。

特にヒゲが濃い男性は、毎日のシェービングで肌にダメージを受け、肌が乾燥しやすくなっています。

そういう方はしっかりと化粧水ブースターを使い、肌を柔らかくしてから化粧水を使ってみてください。

化粧水ブースターには「オイルタイプ」や「化粧水タイプ」などの種類があります。

どれも化粧水を浸透しやすくしてくれることには変わりないので、自分の好みのテクスチャーを選んでください。

個人的には「オイルタイプ」の方が伸びが良く、しっかりと肌が柔らかくなる感じがするので、おすすめです。

しつこいようですが、ブースターは化粧水の浸透を良くしてくれるモノなので、順番が前後しないように、しっかりと順番を守りましょう。

 

1-3.メンズスキンケアの順番③:化粧水

日の当たる洗面台

化粧水には肌に水分を補給したり、皮脂の量を調節する役割があります。

肌の水分が足りなくなることで、乾燥してカサカサになるだけでなく、足りない水分を補おうと皮脂が以上に分泌することで、テカりの原因にもなります。

したがって、「スキンケアは保湿が命」と言っても過言ではありません。

化粧水をつける際は手で直接つけてもいいですが、スプレーボトルに入れ替えて顔に吹きかけるのもありです。

私のおすすめは、化粧水をつけた後、コットンパックに化粧水を浸透させて追いパックをするという順番です。

パックをする際は5分ほど放置するようにしていますが、面倒くさい方は普段は普通に化粧水をつけ、休みの日だけパックも取り入れるのがいいかもしれません。

パックは4枚~5枚に分かれて使えるものがあるので、そちらを使用すると、顔全体にパックができます。


 

パックが終わったら、全てのコットンを重ねて、丁寧に優しくパッティングしましょう。

メンズにおすすめの化粧水を違う記事にまとめてあるので、よかったら読んでみてください。

 

1-4.メンズスキンケアの順番④:美容液

スキンケア用品

 

美容液は様々な目的に応じて、集中的にケアができるアイテムですので、使うアイテムによって役割が違ってきます。

乾燥対策やニキビ対策、しみ・ニキビ跡対策、しわ対策など、様々な目的別に美容液が発売されていますので、自分が気になる症状に合わせたアイテムを選んでみてください。

私はシェービングによるダメージで口周りの乾燥が気になるので、乾燥対策用のモノを使っています。

乾燥対策にはセラミド配合の美容液が有効なので、私と同じように乾燥で悩んでいる方はセラミド配合のモノを試してみてください。

※セラミドは角層細胞間脂質のひとつで、肌の水分をつなぎとめる「保湿機能」や水分の蒸発による外部ダメージを防ぐ「バリア機能」を持っています。

美容液はあくまで集中ケアのためのプラスアイテムですので、特に気になることがないという方は、省いても大丈夫です。

 

1-5.メンズスキンケアの順番⑤:乳液orクリーム

植物とスキンケア用品

乳液やクリームは化粧水で補給した水分が蒸発しないよう、フタのような役割を果たします。

化粧水は水分の補給でしたが、乳液やクリームには油分の補給という役割もあります。

人間の肌には水分と油分のどちらも必要で、年齢とともにどちらも減少していきます。

油分というとなんだか油ぎったイメージですが、つややかでハリのある肌のためには必要な要素です。

なので、化粧水で水分を補給した後、乳液またはクリームでフタをしつつ油分を補給するという順番が大切になってきます。

では乳液とクリームの違いはなにかと言うと、水溶性の保湿成分と油性の保湿成分の配合バランスです。

乳液よりクリームの方が油性の保湿成分の配合割合が高く、より乾燥肌の方はクリームを使った方が良いです。

逆に油分を与えすぎてしまうとテカりの原因にもなってしまうので、そこまで乾燥がひどくないという方は乳液をおすすめします。

筆者は乾燥が気になる冬にはクリームを使い、春や夏は乳液というように季節によって使い分けています。

 

2.まとめ

ヒゲを生やした男性

ここまでメンズスキンケアの順番をフルラインで解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したフルラインで、しっかりと順番を守ったスキンケアをすることで、ワンランク上の美肌を目指すことができます。

最近ではスキンケアに力を入れる男性も増えてきたので、丁寧なスキンケアで周りと差をつけましょう!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA