1. HOME
  2. 働き方
  3. 【現役エンジニアが解説】未経験からフリーランスエンジニアになるために必要なことは?
働き方

【現役エンジニアが解説】未経験からフリーランスエンジニアになるために必要なことは?

働き方

フリーランスエンジニアになってうまく受託開発の案件が取れるとサラリーマンと比べて割と大きめのお金が手に入るので、SNSなどでも話題になっていますね。

フリーランスエンジニアになった場合の収益や働き方については、以下の記事にまとめているのでご興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

現役WEBエンジニアが語る、IT系のフリーランスエンジニアの暮らし・収入の実態とは?

 

今回はエンジニア未経験の人がフリーランスエンジニアになって高単価案件を獲得するために必要なステップをご紹介します。

それでは早速みていきましょう!

まずはポートフォリオを作ってみる

未経験で、スキルもなければ、フリーランスになってから取れる案件はほとんどありません。

もし取れたとしても「テスター」というアプリの動作確認を行う役割だったり、
資料作成だけ行うようなポジションしか空いてないと思います。

いま、どうしてもお金に困っているのであれば、その役割で現場に入って仕事しつつ、実際の業務をよく観察して吸収する傍で、独学でエンジニアリングスキルを勉強するのもありかもしれませんが、
こう言った案件に入っても基本的にあとあとのフリーランスエンジニア人生にはほとんど役立たないので、わざわざテスターとして現場に入り回り道をするよりも、時間を確保してとにかくエンジニアリングスキルの勉強と、自分の作品であるポートフォリオの作成に力を入れることをお勧めします。

また、テスターや資料作成の案件に入るデメリットは、だいたい決められた作業をロボットのように繰り返したり、ひたすらドキュメントを書くだけで超つまらないので、頑張って勉強しようというモチベーションが下がっていくこともあげられます。

ポートフォリオとは、自分で1から作った、WEBサイト、WEBアプリ、モバイルアプリといったなにかしらの作品です。
「私はこんなものが作れます!」と技術力を主張するためのものですね。

未経験のエンジニアであれば、実績もスキルもないので、なかなか信用して仕事を任せてもらえません。
なので、勉強してポートフォリオを作ることによって、信用を獲得することができるのです。

まずはhtmlとcssと少しだけjavascriptを使ったような簡単なWEBサイト/WEBアプリでもいいので、とにかく完成させて、WEB上で動くものを作るの感覚を掴みましょう。
以下のサイトなどでたくさんおすすめの本が紹介されているので、ひたすら読みながら作っていく感じになるかと思います。
あとはudemyなんかも手軽に勉強が始められていいですね。

プログラミング初心者へのおすすめ本【18選】基本の基から言語別まで

また、ポートフォリオは、作成したアプトプットだけでなく、ソースコードも見せることが多く、みる人が見れば一目で実力がわかります。
なので、ソースコードは見られないからと適当に作らず、丁寧に作っていきましょう。
もし周りに知り合いのエンジニアがいれば、品質のチェック(レビュー)を行ってもらうのが良いでしょう。

ポートフォリオを持って案件紹介エージェントに行ってみる

これ、見落としがちなのですが、私は早い段階で案件紹介エージェントに行くことをお勧めします。

ポートフォリオを作っている途中でも良いし、出来上がってからでも良いですが、躊躇せずに早い段階で一回自分でも入れそうな案件がないか、また自分に足りていないものは何かなど気軽に相談しにいきましょう。

厳しいことを言われたり、全く案件がない可能性もありますが、
自分が今どの程度の立ち位置にいてどの程度の単価なら得られるのか、という客観的な指標がないと、正しい方向へ努力ができません。

案件紹介エージェントも、案件を紹介することによってマージンを得るビジネスモデルなので、
かなり必死に入れる案件がないか探してくれます。

そこで良い案件が見つかればラッキーですし、担当者と仲良くなって今流行りのスキルや、自分に足りていないものなどを念入りに聞いてきましょう。
そういった情報を制することが大変重要なので、こう言った場面に限らず、フリーランスエンジニアを目指すのであれば、常に人と仲良くなって最先端の情報を得ていくんだというマインドを持ち続けた方がいいですね。

また、エージェントはいくつもあるので、複数のエージェントに話を聞きにいきましょう。
自分がエージェントに安く買い叩かれることのないように、相見積もりをするイメージです。

自分に足りていないスキルを積み上げて、勉強とポートフォリオの作成を継続

案件紹介エージェントに面談に行ったあとは、そこで得た情報をもとに、さらに勉強とポートフォリオの作成を進めていきましょう。

使う技術が高度になってくるにつれて、独学で全て進めるのは難しくなってきますが、ここで諦めたらもったいないです。

基本的には本を読めば十分情報が載っていると思いますが、お金のある人はプログラミングスクールを頼ったり、現役エンジニアに声をかけて教えてもらうのでも良いと思います。

着実に実力を伸ばして、自信がついた頃にまたエージェントに問い合わせたり、案件紹介サイトなどで自分で企業に面談を申し込んでみるのが良いでしょう。

ここまでやって無理なら、一回会社員を経由するのも有力な手

どうしても独学が難しかったり、取れそうな案件が見つからない場合は、一旦フリーランスエンジニアの道は後回しにして、会社員のエンジニアとしてサラリーマンを経験してみる手も有力です。

なんといっても、会社員の場合はフリーランスと違って即戦力だけでなく、エンジニア教育をする前提で長期的な視点を持って育ててくれる場合が多いのが魅力です。

さらに実務経験も積めるので、一度会社員になった後にフリーランスになるというのは、なかなかいきなり案件を獲得するのがうまくいかなかったり、いまいち自分に自信が持てない人にとっては、とても良い選択肢だと思います。

エンジニアの採用に強い就活サイトなどもたくさんあるので、興味のある方は一度調べてみてくださいね。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA