1. HOME
  2. 働き方
  3. 老後は大丈夫?フリーランスエンジニアの将来への備え方をご紹介
働き方

老後は大丈夫?フリーランスエンジニアの将来への備え方をご紹介

働き方

フリーランスエンジニアはここ最近とても稼げる働き方として話題ですね。
そんなフリーランスですが、実際の現場では20代、30代の方をよく見かけます。

同じ働き方をしていて40代以降も稼ぎ続けることができるのでしょうか?
現役WEBエンジニアの私が、フリーランスエンジニアの将来の展望と備え方についてご紹介します。

40代以降のフリーランスエンジニアはどうなる?

20~30代の間は、年収1000万円以上を稼ぐことも難しくないフリーランスエンジニアですが、
40代に突入した場合どうなるのでしょうか?

まず、周りの企業勤めの友人らが要職につきはじめて、年収1000万円近く稼げる割合も増えてきますので、
今ほどの年収の優位性はなくなっていくでしょう。

さらに企業勤めの場合、退職金や厚生年金などの老後のサポートもあるので、年収1000万円に甘んじているようでは、
同程度の年収の人よりもあまりお得感がありません。(もちろん適切な節税対策によってフリーランスエンジニアの方が有利な面もありますが)

そして、やはり企業からしても同じスキルを持っている場合は元気もあり扱いやすい若手のエンジニアを採用したくなるので、
なかなか今まで通りの戦い方では取れる案件数が少なくなってきてしまいます。

何も考えずにこのまま過ごしていくと、フリーランスエンジニアはいまほどおいしい働き方とはいえなくなっていくでしょう。

ただ、20~30代のうちから適切に対策を練っておけば、40代以降も時間とお金を手に入れつづけ、快適なフリーランスライフを送ることができると考えられます。

実際にどう対策をすればよいのか、という部分を以降で解説していきます。

フリーランスエンジニアの老後対策

それでは、フリーランスエンジニアが老後に向けてとっておくべき対策を見ていきましょう。

若手教育のできるエンジニアになる

40代以降のフリーランスエンジニアが付加価値を発揮するには、若手の教育が得意であるというアピール方法が考えられます。

企業としても、採用した一人のおかげで周りの開発メンバーのパワーアップが図れるのであれば積極的に採用したいという気持ちになるはずです。

ぜひ、現場の中で勉強会を開くなどして、教育を行なった実績などを積んでおくと良いでしょう。

海外の案件を経験しておく

英語を学んで、海外の案件をフリーランスとして受託する経験があれば、案件の選び先が日本国内にとどまらず、母数を圧倒的に増やすことができます。

また、日本は衰退国家であり、政治などへの不信感も増している現状を考えると、日本という国家に依存せず稼ぐ力をつけておくことは一石二鳥と言えるでしょう。

これはかなりハードルが高いと感じる方もいるかもしれませんが、フルリモート案件ならまだ国内で作業ができる分参画しやすいですし、この道を切り開いてくれた経験者の方が情報を発信しているので、ぜひキャッチアップして検討してみてくださいね。

若いうちの挑戦に、あとから感謝する日がくるかもしれません。

海外進出したいフリーランスのための参考記事まとめ

若手以上に、最新技術のキャッチアップを怠らない

フリーランスエンジニアの市場価値の基準は時代によって移り変わりますよね。

というのも、時代によって使われる技術が大きく変わるのがIT業界の特徴だからです。

ベテランになるまでに、世の中の動きなどにある程度乗っかるだけの先見性が身につくと思うので、
新たな技術に臆せずキャッチアップしていきましょう。

歳をとっていてもニーズのある技術さえ身につけていれば、高単価な案件はいつでも転がっているのが、IT業界のいいところでもあります。

労働力とは無関係に収益を生み出してくれるビジネスを構築しておく

個人的にはこれを一番お勧めしたいです。

若くて元気のある20~30代のうちに、いろんなビジネスにチャレンジして、稼ぐ仕組みを作っておく作戦です。

フリーランスエンジニアであれば、普通の会社員などよりも断然自分のアプリやWEBサービスを作りやすい立場にいます。

スモールビジネスを始めて、収益の基盤を作っておけば、老後も安心なだけでなく、アーリーリタイヤの選択肢なども出てきます。

もちろん、遊んで楽しむ時間も大事ですが、将来に向けてコツコツとビジネスを作っていくことを強くお勧めします。

【スモールビジネスで脱サラ・独立】初心者におすすめの始めやすいスモールビジネスの例一覧

iDeco, 積み立てNISA, 小規模企業共済などの老後の資金対策を万全にしておく

会社員と違って企業や国による老後の資金サポートがなかなか受けられないフリーランスは、自分で老後の資金対策を行なっていく必要があります。

この点については、いつまで存続するかわからない会社や国のシステムに、無自覚気味にお金を払い続けるよりも、自分で調べる余地のあるフリーランスは大きな恩恵が受けられる可能性がありますので、ぜひ積極的に調べてみてください。

iDeco, 積み立てNISA, 小規模企業共済といった有名どころだけでなく、フリーランスエンジニアが入れる可能性のあるものとして、経営セーフティ共済、文芸美術国民年金保険組合などたくさんありますので、若いうちに時間をとって調べたり、詳しい専門家にお金を払って老後の資金対策を万全にしておくことをお勧めします。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA