1. HOME
  2. 働き方
  3. 転職の際の面接ではどんな質問されるの?人材会社の現役営業マンが面接の極意を教えます。
働き方

転職の際の面接ではどんな質問されるの?人材会社の現役営業マンが面接の極意を教えます。

働き方

転職活動をする際に避けて通れないのが面接。新卒の就職活動でも面接はありましたが、中途採用における面接は新卒採用時の面接とは少し違います。

・これから転職を考えている
・転職活動しているけど面接が苦手
・面接の予定が決まったけどどうやって対策すればいいの?

 

今回はそんな方に向けて、転職の際の面接でよく聞かれる質問や面接を突破するための極意をご紹介していきます。

この記事を読めば面接力がアップして転職成功に一歩近づきます。

 

【この記事の信憑性】

筆者は人材会社の現役営業マンであり、これまで500社以上の企業の採用支援を行ってきました。

また、キャリアアドバイザーとして、求職者からの転職相談を担当していた経験もあり、企業・求職者双方の立場から求人市場を見てきました。

自社採用の面接の際は、現場の担当として面接官もやっています。

 

転職の際の面接でよく聞かれる質問や、面接突破の極意をご紹介します

ではさっそく面接でよく聞かれる質問例と面接突破の極意をご紹介していきます。

 

企業がどんな人材を求めているか=面接官がなにを見ているか

そもそも面接で好印象を残すための絶対的な正解はありません。

今回の採用でどんな人材を採用したいのかは企業によって異なりますし、それによって面接官がどこを重点的に見ているかが異なるからです。

一般的に言えば、大手企業はできるだけ長く勤めて会社に貢献してくれる方を採用したがるのに対し、スタートアップやベンチャー企業では一刻も早く会社を急成長させてくれる人材を採用したがります。

会社規模の違いだけで全く異なる人材を欲しているので、業種や職種、社内の人員状況により、どんな人が採用したいのかまったく異なります。

 

ではどうやって面接の対策をすれば良いのか

最初から身も蓋もないことをお伝えしてしまい、混乱したかもしれませんが、「正解がない」ということは真実です。

しかし正解がないから面接の対策はできないのかと言うとそうではありません。

どうやって面接対策をすればいいのか言うと、それは、

その企業が出している採用に関する情報を徹底的に調べ、どんな人材を求めているのかを把握する

ということです。

転職の際には、求人サイト、転職エージェント、ハローワークなど、様々なルートがありますが、どのルートから選考に進むにせよ採用に関する情報を調べるのは必須です。

求人サイトには企業PRや待遇、求めている人などが記載してありますが、原稿の中からできる限りその企業の意図を読み取りましょう。

例えば、企業PRの方向性一つ見ても、その企業がどんな人を求めているのかが把握できます。

A株式会社の企業PR:勤続年数10年以上の社員がたくさんいます!
B株式会社の企業PR:20代で年収1000万超えも多数!

上記のようなことが企業PRに書かれていた場合、それぞれの企業はどんな人材を欲しているでしょうか。

100%ではありませんが、A株式会社では「長く腰を据えて働いてくれる真面目な人」が欲しいのに対し、B株式会社では「血気盛んでゴリゴリ営業実績を上げてくれるような人」が欲しいと想像できます。

企業が求人サイトに掲載するときも、私のような求人広告の営業マンと、ターゲットのすり合わせや、そのターゲットに対しての訴求ポイントなどを入念に詰めていきます。

したがって、求人サイトの原稿をしっかりと読み込めば、その企業がどんな人を欲しがっているのかがわかるということです。

自分の気になる給与や休みの部分ばかり見るのではなく、その企業がどうしてこのようなアピールをしているのかを常に想像するクセをつけましょう。

 

転職エージェントの活用で面接は必勝

しかし、求人サイトから情報を読み取るというのはあくまで推測の域を出ません。

企業の求める人材や面接官がどんなことを見ているのかを把握するには、

転職エージェント経由で選考に進むのがベスト

です。

転職エージェントについては下の記事で詳しく解説していますが、転職エージェントはその企業の面接突破の裏ワザを知っています。

 

転職エージェントが面接突破の裏ワザを知っているとはどういうことか。

転職エージェントは企業に人材を紹介するにあたり、事前にどんな人材が欲しいのか、今回の採用でなぜそのような人材が欲しいのかなど、人材募集に至るまでの詳細な背景を企業担当者に対してヒアリングします。

そうしないと、企業の求める人材を的確に紹介することができないからです。

※転職エージェントのレベルにもよります

ということは、転職エージェントは企業担当者から仕入れた詳しい情報を持っているということです。

したがって、

転職エージェント経由で選考に進むことで、そのような詳しい情報を教えてもらえる

ということです。

これはとても強い武器となり、学生時代で言えばカンニングペーパーを見ながらテストを受けているようなものです。

エージェントも求職者が入社まで至らないとビジネスにならないので、面接を突破させるために、情報は出し惜しみなく伝えます。

私がキャリアアドバイザーをしていた時には、転職相談に来た求職者に「この企業は〇〇な人を求めていて、△△な部分を重点的に評価するから、あなたの経験の~~な部分を強調した方がいいと思います。」といった具合で転職のアポートをしていました。

しかし先ほども書いたように、転職エージェントのレベルによっては、企業からどこまでの情報をヒアリングできているかが異なるので、最低でも3社は転職エージェントに登録して面談をしたほうがいいです。

 

面接でよくある質問

ここまでは第一段階である「企業の採用意図の把握」という部分をご紹介してきましたが、ここからは実際に面接でどんな質問が多いのかをご紹介します。

結論から言えば、転職面接で聞かれるのはほとんど下記2点のみです。

①転職理由や現職・前職について
②自社に入社したい理由

新卒の面接の際には「自分を動物に例えると?」「あなたは周りからどんな人と言われる?」など、少し変わった質問も定番でしたが、転職の際の面接でそんな変わった質問をする企業はほとんど見たことがありません。

転職の際の面接としては、上記2点のようなスタンダードな質問をどんどん深掘りしていくことがほとんどです。

もちろんどんな人材を求めていて、どこを重点的に見ているのかによっても変わってきますが、基本はこの2つがしっかりとアピールできれば面接で落とされることはあまりないでしょう。

簡単にそれぞれのポイントを見ていきましょう。

※ここからは私の採用面接官としての主観がベースとなります。

①転職理由や現職・前職について

転職理由は様々だと思いますが、そこを聞くことで自社の価値観と求職者の価値観が合っているのかを見ているケースが多いと思います。

例えば、私が急拡大フェーズの企業の採用責任者だとしたら、ワークライフバランスを気にする人より、急拡大フェーズを楽しんでガツガツ働いてくれる人が欲しいと思います。

そんな人が欲しいと思って面接に臨み、求職者に転職理由を聞いた際に、「ワークライフバランスを整えたい」「腰を据えて長く働きたい」などの答えが返ってきたら、自社には合わないなと思って不採用にするでしょう。

逆に私が地元で何十年も続く不動産管理会社の採用責任者だとしたら、定年まで勤めてくれるような安定性のある方が欲しいと思います。

そこで面接の際に「ワークライフバランスを整えたい」「腰を据えて長く働きたい」という回答が返ってきたら、自社の価値観とマッチしそうだと思いもっと話を聞いてみようとなるでしょう。

このように企業の求めている人材がどんな人かによって、回答は全く変わってきます。

なので、第一段階の「企業の採用意図の把握」がなにより大切です。

現職・前職についての質問は、「実績」「そこで働いていた理由」の2つがベースとなってきますが、ここに関しては事実をしっかり伝えれば問題ありません。

実績に関しては、数字などで判断できる実績があれば、その数字はしっかりと伝えられるようにしておきましょう。

 

②自社に入社したい理由

これは質問されないことはあり得ないというぐらいの質問ですが、私が面接官をやっている経験からして、ここのアピールがけっこうできていない方が多いです。

ここで大切なことは2点あります。

①仕事内容に興味があって入社したいことを真っ先に伝える
②仕事内容があった上で、その他に惹かれた部分を伝える

まず①が圧倒的にアピールできていない人が多いです。

もちろん面接官の私としても、仕事内容だけで職場を選ぶ人は多くないし、給与やお休みという条件に目が行くこともわかっています。(私だってそうです。)

その上で、建前をうまく使って、面接官を気持ちよくできるような回答ができる人なのか、そこまで考えられる人なのかということを見ています。

まずは仕事内容について興味があって志望していることをはっきりと伝え、そのうえで他に惹かれた部分を伝えましょう。

 

最期の逆質問

これも必ずと言っていいほど面接の最後に必ずあります。

ここにはセオリーがあります。

入社後の自分が働くイメージを持とうとしている姿勢を見せる

少し回りくどい日本語ですが、「入社後の自分をしっかりとイメージしようとしている人」と面接官に思ってもらえることが大切です。

仕事内容を聞かずに休日や福利厚生についてばかり質問するような人は、仕事に対する積極性を感じられないので、あまり評価は良くないでしょう。
(給与や休日に関して気になるのは当たり前のことですし、私だってとても気になります。)

なので、初めは2~3つぐらい仕事内容に関することを質問していきましょう。

(例)営業職の場合
・取り扱う商材の強みや弱み
・提案の難易度
・入社してからどのくらいの数字を求められるのか
・成果が出ている人と出ていない人の違い

仕事内容に関することを一通り聞き終えてから、給与や休日、福利厚生などの質問などに入りましょう。

ただ、面接担当者によっては給与や休日などの質問をあまりよく思わない人もいます。

ここでもやはり転職エージェントが活躍します。

転職エージェントは第3者なので、たいていのことはなんなく聞けます。

面接時の聞きづらい部分は転職エージェントに質問をすれば、企業担当者に確認して返答してくれます。

転職エージェントを活用するメリットがたくさんあるので、転職を考えた時は転職エージェントを使うことをおすすめします。

 

まとめ

ここまで転職の際の面接突破の方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

やはり相手が何を思ってこの求人を出したのか、どうしてこの質問をしたのかを考えながら自分のピールをすることで、面接官からの印象アップ間違いなしです。

この記事がみなさんに転職に少しでもお役に立てば幸いです。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA