1. HOME
  2. ワーケーション
  3. 【高級ホテルで快適作業】「ホテルニューオータニ東京」のワーケーション環境まとめ
ワーケーション
カフェ

【高級ホテルで快適作業】「ホテルニューオータニ東京」のワーケーション環境まとめ

どうも、みりおです。

僕自身、最近コロナでなかなか外出ができず、家にこもって作業する日が続いていて無意識に精神ストレスが溜まっていたようでした。

身体がだるく、気分が上がらない日々が続いていました。

僕だけではなく、このコロナ禍でなかなかリフレッシュできずに困っている方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、これまで箱根の温泉旅館から都内高級ホテルなどいろんな宿泊施設でワーケーションをしてきた筆者が、

みなさんご存知「ホテルニューオータニ東京」でワーケーションをしてきた体験をまとめていこうと思います。

ホテルニューオータニ東京でのワーケーションについて興味のある方はぜひ最後までご覧ください!

 

ワーケーションとは?

ワーケーションの説明は、ホテルニューオータニ東京の公式サイトにわかりやすく書いてありました。

ワーケーションとは、「Work(仕事)」と「Vacation(休暇)」を組み合わせた造語で、ホテルや観光地など、普段と異なる場所でリモートワークを活用して働きながら休暇取得をおこなう過ごし方のことです。ニューノーマルな働き方として取り入れる企業が増え、注目を集めています。

ワーケーション自体が和製英語な気もしますが、まぁ簡単に日本語にすると「作業旅行」ですかね。

ただ単に頭を空っぽにしてリフレッシュするバケーションではなく、旅行先で英気を養いつつ仕事を進めるという旅行のスタイルですね。

昔の文豪とかは、城崎の旅館や都内の高級ホテルに何連泊もして集中して本を執筆していたと聞くので、実は昔からやってる人はやっていたのかと思います。

 

ホテルニューオータニ東京のワーケーション環境

これから、ホテルニューオータニ東京で実際にワーケーションしてきた筆者がその実体験をレポしたいと思います。

一人でワーケーションを検討している方はもちろんですが、

今回僕は彼女も同行して一緒にがっつり作業したので、友人や彼女などと二人でワーケーションに行きたい方の参考にもなるかと思います。

それでは見ていきましょう!

ネット環境

これまでいろんなホテルや旅館でワーケーションをしてきた筆者ですが、そういった施設で提供されるWifiに満足できた試しがほとんどなく、

毎回ポケットWifiを持ち歩くか、スマホのテザリングでネットに繋いで作業をしていました。

まぁそのような自前のWifiでも作業できなくはないですが、やはり自宅でちゃんと引いてる回線よりは遅いので

せっかくのワーケーションなのに「自宅の方がサクサク作業が進むなぁ・・」というモヤモヤした気持ちを抱くことになります。。

ですが、このホテルニューオータニ東京、ネット回線が爆速でした。

これだけでも、ワーケーション施設としてホテルニューオータニ東京を選ぶ理由になるかと個人的には思っています。

証拠として、ホテルニューオータニ東京で回線速度を測ったので、以下にスクショを貼っておきます。

 

 

また上記の速度は無線LANでネット回線を使用した時のものですが、各部屋に有線のLANケーブルが用意してありましたので、そちらを使うともっと快適と思われます。

Macユーザーの方は以下のような有線LANを繋ぐためのアダプタなどをもっていくと、爆速ネット回線の恩恵に一層あずかれるかもしれません。

作業スペース

ホテルニューオータニ東京の宿泊部屋の作業スペースは「可もなく不可もなく」といったところでした。

もちろん問題なく作業はできますが、もう少し他のホテルとの差別化がされていると一気に魅力が増すなと個人的には感じました。

一般的なホテルとだいたい同じ感じで、部屋の中には壁にくっついた作業テーブルと、お茶を飲む用(?)の独立した小テーブル with ソファーがありました。

僕は壁にくっついた作業テーブルで作業しましたが、若干椅子の高さと机の高さが合わず、パソコンの下に本をおいたりして調整せざるを得なかったのが少し残念でした。(高さ調整可能な椅子にしてくれたらいいのになぁ。)

個人的には、ホテル側がワーケーション用に作業場所にモニターや接続ケーブルを用意してくれていたら、本当にありがたいなぁと思うここ最近です。

まだそういうホテルには出会ったことがありません。どこかやってるのかな。

宿泊費用

ホテルニューオータニ東京への宿泊費用は時期やプランによって大きく変わるみたいなので、以下のサイトなどで確認してもらうのがいいと思います。

じゃらん ホテルニューオータニ東京

僕は彼女と一緒に、「【ワーケーション】朝8時チェックインで36時間滞在~10,000円分の食事券とルームサービス朝食付」というプランで宿泊しました。

日曜から月曜にかけて泊まって、二人で37,000円でしたが、10,000円分の食事券がついているので実質27,000円くらいかなと考えています。

朝食もついてこの値段なら、個人的には大満足です。

しかもこのプランだと、宿泊日の午前8時から、出発日の午後8時(20時)まで滞在できるので、思った以上に長時間ラグジュアリーな空間を楽しむことができてとてもよかったです。

朝食はビュッフェ形式だと嬉しかったのですが、和食か洋食から選ぶタイプの朝食でした。

和食を食べましたが、とてもおいしかったです。

疲れた時の気分転換(リフレッシュ)の方法

せっかくのワーケーションなので、ただ作業に打ち込むだけではなく、しっかりとリフレッシュして英気を養いたいですよね。

ホテルニューオータニ東京で作業の合間にリフレッシュする方法をご紹介します。

日本庭園

公式HPにも上の画像がありますが、ホテルニューオータニ東京に来たら絶対に訪れてみて欲しいのがこの日本庭園です。

広大な土地に、非常に拘った日本庭園が作られています。

作業に打ち込んで疲れたときは、この日本庭園の緑や池、滝をみて、鯉と戯れてみると、都会の喧騒から離れることができてリフレッシュできると思います。

ショッピング施設

ホテルニューオータニ東京にはいろんなショッピング施設が入っています。ちょっとした百貨店くらいの勢いでした。

メインタワーとガーデンタワーという複数の建物があり、それぞれにいろんなお店が出ていました。

例えばロールスロイスや、高級オフィスチェアのokamura、洋菓子のピエールエルメなど、一流店が数多くあり、そういったお店を回るだけでも気分がリフレッシュできそうです。

ホテルニューオータニ東京 館内案内

ジム・屋内外のプール

作業に疲れた時は、運動でリフレッシュしたい方もいると思います。

ホテルニューオータニ東京にはジムやプールもしっかり完備されていますので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

プールなどは期間限定の施設のようなので、使用可能かどうか確認した上で予約してくださいね。

ホテルニューオータニ東京のナイトプールも人気なくらいプールには力を入れてそうな感じだったのですが、僕の宿泊タイミングでは入れなかったのでまたリベンジしたいと思っています。

皇居ラン

ホテルニューオータニ東京から皇居まで1~2キロでいくことができるので、ランニングに行ってリフレッシュするのもよいですね。

僕はこのワーケーションのタイミングで初めて皇居ランをしましたが、マナーを知らず他のランナーの方と逆回りに走り続けてしまったので、みなさんも皇居ランをする際はご注意ください。笑

宿泊部屋以外での作業

ホテルニューオータニ東京には、日本庭園を眺めながら作業のできる居心地の良いカフェがあります。

少し気分を変えて作業するのにぴったりの空間かと思います。

カフェ

また、メインタワーの受付付近には以下のように無料で使えるロビーもあるので、読書やちょっとした電話など、ここでしてもよいかもしれませんね。

ラウンジ

まとめ

ホテルニューオータニ東京はネット回線の速さが魅力ですし、日本庭園などのリフレッシュできる環境も整っており、とてもワーケーション向きのホテルだと思います。

是非、皆さんも一度ワーケーションに訪れてみてはいかがでしょうか。

TwitterのDMなどで、感想もお待ちしています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA